ファブリックと花を愛する男

FASHION, MOVIE

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』を観てきました。

 

 

ドリス・ヴァン・ノッテンは20代の頃からいつか着たいと思っていた憧れのブランド。

このドキュメンタリーはドリス・ヴァン・ノッテンの2014年9月〜2016年1月に行われたファッションショーの舞台裏と服にかける想いが描かれた映画。

真面目で完璧主義の彼が、1着1着にかける情熱が本当に素晴らしい。

パートナーやスタッフと共に過ごしている日常の空気感が穏やかで、ドリス・ヴァン・ノッテンがどれだけ信頼されているかが伝わってきました。

 

流行にとらわれず、生地の素材や刺繍で自己表現しつづける姿。

柄と柄との組み合わせを丁寧に選んでいく姿。

庭でお花を摘んで生けたり、綺麗なフルーツをカットして食べている日常のシーン。

日々の丁寧な暮らしから、すべてのクリエーションが成り立っていました。

 

「ファッションという言葉は好きじゃない」

「時代を超えたタイムレスな服を作りたい」

「その人に寄り添って共に成長していける服を作りたい」

という言葉にとても共感しました。

インドで刺繍をするための工房を作りインド人の雇用も守る、それを続けていくために刺繍の入った服をデザインする…

経営者としても素晴らしい方です。

心が豊かで一生懸命でぶれない、ドリス・ヴァン・ノッテンがさらに好きになりました。

花を絶やさない暮らしに憧れます。

そして、私も信念を貫く仕事をしたい。

 

Laughful 0364474932