服を選ぶということ

FASHION

そろそろ冬支度。

今朝は窓を開けて一気に冬のにおいがして、少し寂しさと冬服が着れるというワクワク感がありました。

 

最近は洋服を買うのはもっぱら古着屋さん。

学生時代以来、再び古着を着るようになったのは去年くらいから。

ベーシックな洋服に飽きてしまったのと、長く大事に着られる質の良いデザイン性のある服を着たいという思いから、古着を選ぶようになりました。

何ヶ所か好きな古着屋さんはありますが、中でも1番好きなのは渋谷にあるHooked Vintage

 

 

中目黒の古着屋さん、Jantiqueから独立されたご夫婦のお店。

ここに行くと間違いなく自分の好きな古着に出会えます。

 

自分の体型に合わせた洋服をおすすめしてくれたり、他の洋服との合わせ方、その洋服の時代背景なども一緒に知ることができる…

じっくり真剣に一緒に選んでもらった洋服はとても大事にします。

最近は、5年後も、10年後も着ているだろうなという服を選ぶようにしています。

モノを買うという感覚よりも、そのお店での接客やその時の自分の気持ちや感動を意識的に大切にしている気がします。

 

実際に目で見て触れて、アドバイスを聴いて、お店で流れる音楽やそのお店の独特の香りを感じながら、洋服を買うという楽しみを味わっています。

今まで着たことのない服にもチャレンジできるので、大人古着、なかなか楽しいです。

 

 

Laughful 0364474932