秋を満喫できる山登り

TRIP

先日のお休みに高尾山に行ってきました。

 

 

11月の高尾山はもみじまつりをやっているため、早朝から歌やダンスのパフォーマンスをしていたりお店も活気があり、たくさんの人で賑わっていました。

 

見上げると赤やオレンジや黄色などすっかり色づいた木々たちがお出迎えをしてくれているよう。

 

 

高尾山の頂上まではいくつか行き方がありますが、行きはちゃっかりリフトで使い、その後は1号路を登りました。

 

 

途中、十一丁目茶屋で腹ごしらえ。

 

 

蕎麦がメインのお店ですが、ご飯愛好家の私としてはご飯が食べたいっ!ということで、カレーをオーダー。

東京の街と山を眺めながら外で食べるカレーは、一段と美味しかったです。

 

 

薬王院を通り、ひたすら階段を登り続け…

 

頂上に到着すると原宿の駅前のような人の多さ!

老若男女、国籍問わずたくさんの方が来ていました。

 

高い建物の多い街で、デジタルと共に暮らしていると、山に登ったり季節を味わいたくなるのは人間の本能なのかなぁとしみじみ。

 

帰りは3号路→2号路→6号路の順に降りて行きました。

このルートは比較的人が少なく、緑を眺めながら降ることができます。

1年中、日が当たりづらい場所なのでほとんど紅葉はせず、年間通して緑を楽しむことができるそう。

 

 

鳥の鳴き声や水が流れる音と、落ち葉を踏む音を聴きながらゆっくり降りました。

木を触って、澄んだ空気をいっぱい吸って、リフレッシュ。

 

 

たまには、携帯電話の電源を切って自然に触れたり、先のことや前のことは考えず、その瞬間瞬間を感じることはとても心地よいなと思いました。

山登りはよく人生のように例えられていて、頂上に向かう道(途中の困難や試練)を乗り越えると頂上(目標)に辿り着くというのは、頂上(目標)に向かって頑張ろうという気持ちになります。

でも、頂上に辿り着く保証がどこにもないとしたら…

向かう道をどのように楽しむか、何を感じるか。その瞬間を味わう方が心が満たされるし、楽しい。

その日、その瞬間、子供のように日々を楽しく過ごせたらいいなぁなんて…そんなことを考えながら、山から滑り落ちそうになりながらも必死で降りました(笑)

 

まだ緑が残る高尾山。

12月頭までは紅葉を楽しめそうです。

都内で楽しめる大自然。おすすめのスポットです。

 

Laughful 0364474932