タオルについて考えてみる

BEAUTY

Laughfulでは、BIO HOTEL JAPANと今治タオルがコラボしたオーガニックコットンのタオルを使用しています。

 

 

綿花の生産者の健康を守り、地球にとって優しいオーガニックコットンを使いたいという思いから、オーナーの中村がセレクト。

毎日このタオルに触れていて、改めてオーガニックコットンのタオルっていいなと感じていました。

洗濯をしてもふっくらとした厚みをキープしたままでとても気持ち良い。

 

家でも少しずつオーガニックコットンのタオルにしたいなーと思っていて、お正月にタオルの福袋を買ってみました。

 

国産のTENERITA(テネリータ)というブランドのタオル。

 

 

このブランドのオーガニックコットンは、世界で最も厳しい基準をもつといわれるドイツのオーガニック認証“Global Organic Textile Standard(GOTS)”から、日本国内では初となる認可を受けたもの。

 “ゆたか”であるということは、
 まわりの人までもしあわせにできること。

 “上質”であるということは、
 そのゆたかさが安心とともに近くにあること。

 そして、それが限られた瞬間ではなく、“いつも”そこにあること。

というブランドのメッセージが心に残り、さらにポリシーにも共感。

 世界の綿花畑をオーガニックに変えていくことは、環境破壊にストップをかけ、そこに従事する人々の健康を確保し、地球を健康な状態に戻していくことになるのです。オーガニックコットンを使うことで、人にも環境にもやさしいブランドであることを目指しています。

 

朝、顔を洗ってこのタオルで拭いたり、夜のお風呂上がりのバスタオルはとにかくふわふわで幸せな気持ちになります。

見た目が良くて、肌触りが最高で生産者の方々にも優しい。

身も心も癒されるタオルですね。

 

最近はものを買うときに、なぜそれを選ぶのかを考えるようになりました。

洋服や日々使う日用品も。

できることならバックグラウンドも知った上で使いたいなぁと思っています。

買うまでに時間がかかりますよね(笑)

でも、ひとつのものを自分なりの基準で真剣に選ぶことで、あとはそれを大切に使い続けること、使えなくなったらまたリピートして買うことができるので、そのあとは悩まなくてもよい。

今はまだ、あーでもないこーでもないとぐちゃぐちゃ頭で考えたり、実際に目で見て触って、店員さんから話を聞くために歩き回ったりしていますが、いつかはエコでシンプルな暮らしができるようになればいいなと思っています。

 

Laughful 0364474932