Gradisca

SHOP, TRIP

NYの思い出。

NYはとにかく物価が高いと聞いていたので、朝食付きキッチン付きのホテルに泊まっていました。

朝食はホテルのものを、夕食は遅くまで外出する日も多かったため、ホテルの近くにあるオーガニックスーパーのホールフーズマーケットでスープや野菜、ビュッフェ形式のお弁当などを買って食べていました。


最終日の夜は、せっかくなので行ってみたかったレストランへ。

VOGUEのインタビューでサラ・ジェシカパーカーがNYで1番好きなレストランと話していたお店。



Gradisca(グラディスカ)

イタリアンレストランで、静かな住宅街にあるため、家族連れや年配の女性がお友達と来ていたりと、地元の方に愛されているお店という印象を受けました。



メニューはすべてイタリア語。

まったくイタリア語がわからない私は、1つ1つの料理の下に書かれている詳細から解読しながらオーダーをしました。

オーダーしたのは、フレッシュなサラダ、バジルのパスタ、チキンのロースト。


運ばれてきたのは、まず山盛りの人参がローストされたもの。



その次にホワイトソースがかかったニョッキ。



ミートボールのようなもの。



味はとにかく美味しい。地元の方に愛される意味がわかりました。

ただ、完全にイメージと違うものが運ばれてくるたびに、だんだん次は何が運ばれてくるだろうかと別の意味でワクワクドキドキしてしまいました。

クイズの答え合わせのような。

恥ずかしがらず、カッコつけずに、片言の英語でも料理のことを聞けばよかった…


帰る頃にはいつのまにか満席に。


店員さんも優しく、気配りが完璧で、気持ち的には大満足。



またニューヨークに行ったときには必ず行こうと思っています。