Kodak films of passing expiration date.

FILM, LIFE

I have started taking film photographs since 2018.

It has been 4years passed.

I like photographs taken by Saul Leiter, Robert Frank and William Eggleston from New York as photographers, and I start to take film photographs.

A few years ago, when I went to photo exhibition about Saul Leiter, I knew he took photographs that he used Kodak films of passing expiration date.

I was thinking of keeping the film for a few years and taking photographs It would take a little time.

At that time, my client who likes film camera gave me a Kodak PORTRA 160 which was passed expiration date 10 years ago.

I was so impressed, walking down the street and taking photographs that I cherish for six months.

I don’t know what colors and textures these photographs will be.

Perhaps, I was thrilled with a sense of excitement. That means when they were developed, there might not be photographs at all.

And this time, I had “Photo Ueno” in Ebisu develop the films I always ask.

The finish is a unique color that looks like greenish overall. Also, the particles were rough and the contrast was clear.

Even comparing the blue of the sky, it was clearly different from normal photographs.

I got fascination with atmosphere of photographs I liked so much.

I like digital photographs but film photographs is exciting and fun to see the exciting time from developing to seeing after taking them.

And I’m excited when I get better photographs than I imagine.

Then, I make it a point to take photographs about my dairy life more.



フィルム写真を始めたのは2018年。

かれこれ4年経ちました。

ニューヨークのフォトグラファーのソール・ライター、ロバート・フランク、ウィリアム・エグルストンの撮る写真が好きで、フィルム写真を撮り始めました。

以前、ソールライター写真展に行った時に知ったのは、使用期限の切れたKodakのフィルムを使って写真を撮っているということ。

少し時間がかかるけど、何年かフィルムを保管して撮ってみようかと考えていました。


そんな時、フィルムカメラ好きの方から10年前の使用期限の切れた「Kodak PORTRA160」をいただきました。



もう感激で、街歩きをしながら半年くらいかけて大事に写真を撮りました。


その写真はどんな色でどんな質感になるのかわからない。

もしかしたら、現像したら全く写っていないかもしれないというドキドキ感もまた良かったです。


先日、いつもお願いしている恵比寿の写真屋「フォートウエノ」さんで現像してもらいました。

仕上がりは、全体的にグリーンがかったような独特の色。そして粒子が荒く、コントラストがはっきりと出ていました。

空の青さを比べても、明らかに通常のフィルム写真とは違うものに。



とても好きな雰囲気で感動しました。

デジタル写真ももちろん大好きですが、フィルム写真は撮ったあとに現像して見るまでの時間がワクワクドキドキでまた楽しい。

そして想像以上に良い写真が撮れた時には、ふわっとテンションが上がります。


また日々の写真を撮っていこうと思います。