KYOTO GRAPHIE

ART, TRIP

The other day, I went to see “KYOTO GRAPHIE” in Kyoto.

“KYOTO GRAPHIE” is an international photography festival held every spring and this year’s one is the 10th.

Japanese and international photo collections are on exhibit at atmospheric historian buildings and modern and contemporary architectural spaces.

Guy Bourdin’s exhibition “The Absurd and The Sublime” at the Kyoto Culture Museum Annex.

Irving Penn’s exhibition “Irving Penn: Works 1939–2007″ at the Kyoto Municipal Museum of Art Annex.

Samuel Bollendorf’s exhibition “Mermaid’s Tears” at the Biwako Sosui Memorial Hall, Keage Incline.

World Press Photo exhibition “Power of the People Documenting Protests from 1957 to the Present” at Horikawa Oike Gallery .

I have seen these for a long time.


Guy Bourdin’s exhibition which was active fashion magazines such as VOGUE had more exhibits than the ones held at CHANEL NEXUS HALL in Ginza previously.

I saw it repeatedly again and again, the colors and balance were beautiful.


Irving Penn’s exhibition included portraits of famous artists such as Picasso and Le Corbusier, fashion photographs and stills of cigarette butts and chewing gum on the soles of shoes.

It was an impression that he was taking various pictures regardless of genre.

And I was so impressed that all the photos were printed by himself. It was really wonderful not only to take photos but also to develop.


Samuel Bollendorf’s photo exhibition exhibited photographs as for the environmental pollution provided by countries around the world and their effects on humans, animals and plants or all life forms.

The pictures of environmental pollution showed plastic debris such as industrial micro beads called “mermaid tears” in the beautiful sea.

And the most impressive thing in this exhibition was the photographs of natural disasters.

A photo of a workers at a nuclear power plant in Fukushima, a photo of an elementary school classroom with intact school bags and textbooks even due to the tsunami, and a photo of a room by the sea with broken windows where someone lived.

I just cried when I saw the pictures that clearly showed the situation of tragedy that time.


Every year, I went to see the World Press Photo exhibition held in Ebisu.

Every time I feel an empathy pain emotionally, I get pictures of the current state of the world that are not reported in the news.

As the title “Documenting Protests from 1957 to the Present”. 

I was overwhelmed by photographs of people protesting all over the world at the risk of life. I was made to think about various things toward the people who were protesting for the sake of life and future children. 

I really wish for world peace.


Looking at the four exhibitions, photographer’s thoughts that can be loaded into one photo were all conveyed to my feeling more than the time.



Recalling things that become a thing of the past along the times through photographs reminds me what I should be now.


先日、京都で開催中の「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真展」を観に行ってきました。



KYOTOGRAPHIEは毎年春に開催される国際的な写真祭で、今年は第10回目。

日本や海外の写真コレクションが、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示されています。


京都文化博物館 別館のギイ・ブルダンの展示「The Absurd and The Sublime」



京都市美術館別館のアーヴィング・ペンの展示「Irving Penn: Works 1939–2007」



琵琶湖疏水記念館、蹴上インクラインのサミュエル・ボレンドルフの展示「人魚の涙」



堀川御池ギャラリーの展示「世界報道写真展「民衆の力」─1957年から現在までの抗議行動のドキュメント」



この4つの展示を観てきました。


VOGUEなどファッション誌で活躍していたギイ・ブルダン写真展は、銀座のCHANELで開催されていたものより展示数が多く、何度見ても色彩やバランスが美しかったです。




スタジオポートレートの巨匠、アーヴィング・ペンの作品は、ピカソやル・コルビュジエなど有名なアーティストのポートレートだけでなく、ファッション写真や、タバコの吸い殻や靴の裏のチューインガムの静物写真もありジャンル問わずさまざまな写真を撮っていた印象でした。




そして、写真はすべてアーヴィング・ペン自身でプリントしていたということに感動。

写真を撮るだけでなく現像まで手がけている才能が本当に素晴らしかったです。


サミュエル・ボレンドルフの作品は、20世紀以降に人間が開発した化学産業、鉱業、原子力産業により、世界各国が抱える環境汚染や、人や動植物すべての生命体への影響を映し出した映像と写真が展示されていました。



環境汚染の写真は、美しい海の中にある「人魚の涙」と呼ばれる産業用マイクロビーズなど、プラスチックゴミが写されていました。



そして、この展示で中でも印象的だったのは自然災害の写真。

福島の原発の作業員の写真、津波によってランドセルや教科書がそのままの小学校の教室の写真、誰かが住んでいた窓ガラスの割れた海沿いの部屋の写真。

当時の状況が鮮明に写っている写真を見て、ただただ涙が出ました。(悲しすぎて写真は撮れませんでした。)


世界報道写真展は、毎年、東京の恵比寿で開催されているものを観に行っていました。ニュースでは報道されないような世界の現状の写真に、毎回胸が苦しくなります。

今回の展示は「1957年から現在までの抗議行動のドキュメント」というタイトルどおり、世界各地で命懸けで抗議する人々の写真に圧倒されました。




日本でこのような抗議活動に触れることはほとんどないため、生きるためや未来の子どものために抗議をする姿に色々なことを考えさせられました。

本当に世界平和を願うばかりです。


4つの展示を観て、1枚の写真に込める作者の思いが時代を超えて伝わってくるものばかりでした。

時とともに遠い過去の話になっていくことが、写真を通じて何度も思い出すことで、自分がどうあるべきかを思い出させてくれます。


「2022年、信じ難いことにこの世界でまた戦争が始まってしまいました。どんな理由があろうとも戦争は何の解決策にもなり得ません。過去の経験から、日本を含めすべての国民が、個の命が全体(国家)のために失われるべきではないことを知っています。
KYOTOGRAPHIE は個々の存在をCelebrate(祝祭)すると共に、その多様性について讃えたいと思います。そして皆さんと一緒にRestart (再起動)し、分断された関係性をもう一度Reconnect (再接続)し、コロナ後の新しい平和な世界へ向けてRevival(再生)していきたい、そう考えています。」


という今回のKYOTOGRAPHIEのメッセージに心から共感します。