MADEMOISELLE PRIVÉ

ART, FASHION

天王洲アイルB&C HALLで開催中の『マドモアゼル プリヴェ展-ガブリエルシャネルの世界へ』に行ってきました。



この展示は2015年にロンドンから始まって、ソウル、香港、上海と世界の各都市を巡回しています。東京は5都市目の開催地。


オートクチュール、ハイジュエリー、フレグランス「シャネル N°5」の3つを中心とした同じコンセプトの元、特にメゾンのクリエイションと刺繍に代表される職人にフォーカスし、最新のコレクションなども織り交ぜた構成となっています。


マドモアゼル プリヴェとは、シャネルの中核でもあるパリのカンボン通り31番地の4階に構える、シャネルのクリエイションスタジオの入り口に掲げられた言葉。



展覧会では創業デザイナーのガブリエル・シャネルがくつろいだり、客人をもてなす建物内で最もプライベートな空間である3階のアパルトマンを再現しています。


会場内は2フロアで、アパルトマンの各部屋の色調をイメージした「ミラーホワイト」「ベージュ」「ブラック」「レッド」「バロックゴールド」の5つのエリアで構成されていて、それぞれのテーマカラーに沿ったオートクチュールとハイジュエリー、バカラでできたシャネルの香水のボトルが展示されています。



各エリアでは、刺繍や羽細工などひと針ひと針に込められた職人たちの繊細なオートクチュールの数々を至近距離で見ることができます。ツイードジャケットやリトルブラックドレスといった、シャネルを代表するものも。



事前に公式アプリをダウンロードして、そこから音声ガイドを聴きながら周ることができました。
キャプションにはコレクション名と製作に費やされた時間が記載されていて、数100時間から多いものだと1,000時間を超える一着も。



5つのエリアを抜けると、マドモアゼル プリヴェ展にまつわるスケッチや、映画監督のソフィア・コッポラがガブリエル・シャネルにオマージュを捧げ、東京のエキシビションのために手掛けたビデオ作品を見ることができます。



それぞれのエリアに展示されたドレスは、離れてみてシルエットが美しく、近くでみて刺繍や生地の細かい部分など糸1本1本まで美しい。



シャネルやカールラガーフェルドを始め、多くの方が関わり、多くの時間を費やし、1着を完成させるという背景を深く感じることができる展示でした。


細部までこだわり、誰がどの角度で見ても美しい仕事は美容師として見習いたいところがたくさんあります。


ため息ものの美しさ。
12月1日(日)まで開催中なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。