NEW YORK ROASTERY

SHOP, TRIP

なかなか旅に行けない日々が続くため、また少しだけニューヨークの旅行記を。


グリニッジ・ヴィレッジにあるホイットニー美術館に行く前に立ち寄ったStarbucks Reserve Roastery



Starbucks Reserve Roastery は店内に焙煎所があり、広い開放感のある造りが特徴の店舗。

コーヒー豆が天井に張り巡らされているパイプの中を、ダイナミックにあちこち行ったり来たりしています。


シアトル、上海、ミラノに続きニューヨークは4店舗目。

去年、日本でも中目黒にもできていましたね。


メニューは、豆を選べたり、他のスターバックスにはないドリンクがあったり…とにかくたくさんの種類に圧倒されました。



何が何だかわからなかったので、とりあえず持ち帰りで、1番左上にあった「CLOVER BREWED」をオーダー。


コーヒーを待ちながらぼんやり立って店内をキョロキョロ眺めていると…

近くでコーヒーを飲んでいたお客さんに、席を探していると思われたのか「ここ座りなよ」と声をかけられ、「持ち帰りだから大丈夫、ありがとう」と返すとニコッと返してくれました。

そのあと他のお客さんにも「ここ座りなよ」と声をかけてもらい、なんて優しい街なんだと感動。


2度目はしっかり座らせていただきました。

そんなにキョロキョロしていたのかな…



ニューヨークの街は、駅など公共の場所には一切トイレがなく、カフェでコーヒーを買ったタイミングじゃないと行くことができないため、こちらでもお借りしました。


階段で地下に降りると薄暗い広いフロアにたくさんのトイレ。

驚いたのは、性別が関係ないトイレだったので、男女国籍問わず、色々な人が利用していたこと。

日本では、フェス以外でこんな光景をみたことがなかったので、とても新鮮でした。


これが、世界の最先端で、最後に行き着くところなのかなと。

すべての人々の平等を感じました。



コーヒーはもちろん美味しくて、スタッフさんもお客さんもフレンドリー。

持ち帰りのコーヒー1杯のつもりで立ち寄ったお店でしたが、素晴らしい体験と感動がありました。

ここは、本当に平和で平等な世界。

世界中がこんな世の中であってほしいと心から願っています。