The French Dispatch

LIFE, MOVIE

The other day I watched Wesley Anderson’s “The French Dispatch” at the movie theater.

The movie is about the editorial office of the French Dispatch magazine in a fictional 20th century French City.

The French Dispatch magazine is published by an American newspaper and written by unique reporters that assembled by an American chief editor.

It’s become very popular for people because of deep contents about international problems, arts, fashion and delicious foods.

This story is the last issue of French Dispatch magazine which was discontinued by his will after the chief editor died.

It was a unique picture that drawn with colors and black and white depending on the scene.

Above all, the combination of colors of the French City and people’s clothes was extreme beautiful. And the character’s clothes and hairstyles are very nice recreating 20th century France.

It was a very beautiful movie with good pacing and laughter.

I have seen Wesley Anderson’s movies  “Isle of dogs” and “The Grand Budapest Hotel”. All the movies are beautiful in clear colors and parallel and vertical.

And this time, “The French Dispatch” was also full of his unique worldview with beautiful colors, balance and frame advance by frame animated images.

I do recommend this movie.



先日、映画館でウェスアンダーソン監督の「フレンチディスパッチ」を観てきました。

20世紀フランスの架空の街にある「フレンチディスパッチ誌」の編集部のお話。

「フレンチディスパッチ誌」はアメリカの新聞社が発行する、アメリカ生まれの編集長が集めた個性的な記者たちに書かれている雑誌。

国際問題やアート、ファッション、美食について深く斬り込んだ内容で人気を獲得していたという。

編集長が亡くなり、彼の遺言により廃刊になったフレンチディスパッチ誌の最終号を描いたものでした。


シーンによってカラーと白黒で描かれる独特の映像。

中でも、フランスの街や人々の洋服などカラーの組み合わせがとにかく美しかったです。そして、登場人物の洋服や髪型が20世紀のフランスを再現しているもので、とても素敵。

テンポが良くて、笑いのあるとても美しい映画でした。


ウェスアンダーソンの映画は、今まで「犬ヶ島」「グランドブダペストホテル」を観たことがありますが、どの映画もはっきりした色彩と平行と垂直がとにかく綺麗。

そして、今回の「フレンチディスパッチ」も色やバランスが美しく、コマ送りのアニメーションのような映像で、彼の独特の世界観が溢れていました。


とてもおすすめの映画です。