Curly Hair

HAIR

肩につく長さでカットをしたボブに、無造作なパーマを。

ポニーテールやシニヨンアレンジも楽しめるニュアンスヘアー。

伸ばしかけの方や久しぶりにパーマをかける方におすすめです。

強めのパーマは朝のスタイリングも簡単。

1.  一度髪全体を濡らします。

2. しっかりとタオルドライした髪にオイルを全体につけて、根元を中心にドライヤーで乾かします。

3. 8割くらい乾いたところでもう一度オイルをつけます。

4. あとは自然乾燥で完成です。

デジタルパーマ以外のコールドパーマ(Laughfulではボタニカルパーマ)は基本的に髪が濡れた状態が一番パーマがしっかりとでて、ドライヤーの強い風を毛先にあてるとパーマが伸びてしまいます。そのため、パーマのウェーブ感を壊さないためにも自然乾燥がおすすめです。

ただ、自然乾燥には注意点もあります。

何もつけない状態の自然乾燥は、ほわほわほわ~と無造作に広がってしまう場合があるので、オイルやシアバターのワックスなどのスタイリング剤をつけてから、自然乾燥をしてみてください。

まとまりよく、美容室での仕上がりが自宅でも再現できるはず。